そぞろ食歩記

笑ったり食べたり浸かったり

2018GW 別府七日目(最終日)

今日で最後なので朝一番で宿のお風呂へ(一湯目)。

その後、鉄輪温泉のすじ湯に入っていないことに気がついて、急遽行くことに(二湯目)。
f:id:Melonpankuma:20180504145746j:plain

水道がないタイプですっかり冷えてて温かった。その上、風が強く吹いていたので、宿に戻る前に体が冷えた。

宿で昆虫すごいぜ!の新作で大笑いした後、チェックアウト。別府駅まで送ってもらい荷物をコインロッカーに入れて近場の田の湯温泉へ(三湯目)。
f:id:Melonpankuma:20180504145748j:plain
湯船は古そうだが、施設は広くてきれいだった。

すぐ近くの九日天温泉へ行くも清掃中だったので断念し、去年も行った不老泉へ(四湯目)。

f:id:Melonpankuma:20180504145750j:plain

別府駅で、初日に予約しておいた自転車を借りてアホロートルでカレーを食べた後、東町温泉へ(五湯目)。
f:id:Melonpankuma:20180504145751j:plain

受付が駅舎みたいで渋い。
f:id:Melonpankuma:20180504145753j:plain

半地下でぽつーんと小さい浴槽。
f:id:Melonpankuma:20180504145752j:plain
洗い場だけがやたら広くて、不思議な空間です。家庭の浴槽だったら広めって程度。一人で入るなら広々としているけどなあと思いながら浸かっていたらなんだか冷えてきた。浴槽側面にある木製の太い栓がどうやら熱源の蓋らしい。火傷に気をつけて栓を抜くと隣の蓋がしてある熱湯プールから勢いよく熱いのが流れてきて、あっという間に適温になった。なるほど、小さい浴槽は温度が自在に調整できるんですね。これなら湯の温度をめぐる対立はなさそう。納得しました。

風呂上がりに亀家で買ったまんじゅうを食べて、次の目的地に行くも清掃中で空振り。
f:id:Melonpankuma:20180504145754j:plain

やや離れた山田温泉へ(六湯目)。自転車でよかった。
f:id:Melonpankuma:20180504145755j:plain
タイル張りの浴槽に4人くらい入れそうな浴槽。地元の方から湯加減に気をつかっていただきました。臨時入浴客への心遣いがありがたい温泉です。

さすがに風呂疲れしてきたので、近くの茶房たかさきへ。
f:id:Melonpankuma:20180504145756j:plain
目当てのかき氷は夏限定メニューらしくなかったので、代わりにピスタチオのケーキセット。

f:id:Melonpankuma:20180504145758j:plain

こちらに来てから知ったのですが、マスターは別府八湯温泉道名人会の初代会長(現・顧問)だそうで、こちらは温泉道修行者のたまり場なんだとか。

喫茶利用者限定のお風呂もいただきます(七湯目)。
f:id:Melonpankuma:20180504145757j:plain

別府の締めで竹瓦温泉へも行きましたが、玄関にあまりに人があふれていたので断念。近くの泉寿温泉へ(八湯目)。
f:id:Melonpankuma:20180504145800j:plain

今回幸いにも番頭さんがいましたが、もしいない場合は近くのお店に入浴券を買いに行くシステムのようでした。
f:id:Melonpankuma:20180504145801j:plain

別府駅からバスで空港に向かうも、空港の足湯の終了時間には間にあわず。もう十分に湯疲れしてたから、別に惜しくもないけど。

東京へ向かう機内では権太楼師匠の噺に爆笑しながら過ごしました。

f:id:Melonpankuma:20180504145802j:plain

久しぶりの自宅は宿よりもホテルっぽくて、なんだかとても落ち着けた。家だからあたり前なんだけど。

Googleのタイムラインによるとこの日の移動はこんなでした。

飛行機:807 km
車:37.0 km
自転車:4.7 km

地図は別府市内分だけ。
f:id:Melonpankuma:20180507102145p:plain

 

この別府旅行で集めた温泉道スタンプは24個。水色のマーカーでマッピングしました(他のマーカーもあるので分かりにくいのですが)。
f:id:Melonpankuma:20180504202446p:plain

温泉道以外も合わせると、行った温泉は26ヶ所。お風呂に入った回数はのべ33回。旅行中に湯あたりしなかったのは、日頃から走って鍛えてるからでしょう。

今回は別府八湯を回ることを優先してしまったので、地域によってはやたらと取りこぼしが多くあります。この先、八十八湯を巡るのに面倒なことになりそうな地点がちらほら。しかし、効率よく回ればいいって話ではないですからね。来年再来年と長く楽しめたらいいなと思ってます。

 

※ちなみに、最終日が明らかに入りすぎだったので翌日生まれて初めての湯あたりを経験しました。体が重いのなんの!

 

----------------------------

GWか過ぎ、湯あたりも治り、温泉と日焼け止めでボロボロになった皮膚がようやく落ち着いてきたころ、別府から郵便が届きました。

f:id:Melonpankuma:20180511212408j:plain

で、中には黄色いタオル。
f:id:Melonpankuma:20180511212518j:plain
別府の八十八湯巡りで一湯ごとに引くことができるクジで当たったものでした。私じゃなくて夫のだけどね。